Windows Server 2012 betaでISOをマウントする方法

まいど。
IMG_4299_S01

Win2008/2008R2やWin7まではISO形式のファイルを読み込もうとした場合
仮想CDドライブツールでマウントするかWinRAR等のツールで解凍する必要がありましたが
Windows 8/Windows Server 2010 betaからOS自体にisoファイルをマウントする機能が実装されました。

Windows 8 CPでは標準で有効化されているのですが
Windows Server 2012 betaではデフォルトで無効化されており
サーバーマネージャーから機能を有効化することでマウントできるようになります。

imageimage
左:有効化前、右:有効化後

■Windows Server 2012 betaでのISOマウント有効化方法

  1. サーバーマネージャーの「②役割と機能の追加」を実行
    image
  2. 「次へ」
    image
  3. 「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し「次へ」
    image
  4. 「サーバープールからサーバーを選択」を選択
    対象サーバーを選択し「次へ」
    image
  5. 「次へ」
    image
  6. 「ユーザー インターフェイスとインフラストラクチャ」ツリーの
    「デスクトップ エクスペリエンス」にチェックを入れる。
    image
  7. 「機能の追加」をクリック
    image
  8. 「次へ」
    image
  9. 機能の追加後OSの再起動が必要になるため
    「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れる。
    ※自動で再起動させず自分で再起動する場合はチェックを入れなくても問題ありません。
    image
    チェックを入れると以下のダイアログが表示されるので「はい」
    image
  10. 「インストール」
  11. インストールがはじまります
    image
  12. OSの再起動(自動 or 手動)
    起動時に機能の構成が実行されます
    image
  13. OSが起動した後、ISOファイルを右クリック数すると「マウント」という項目が増えています。
    またリボンに「ディスクイメージツール」というタブが表示され
    「マウント」と「書き込み」が表示されるようになります。
    image

以上!

カテゴリー: Windows Server 2012 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です