Windows Server 2012とWindows Server 2008R2のHyper-Vマネージャー

まいど。
image

Windows Server 2012とWindows Server 2008 R2のHyper-Vマネージャーでの管理について。

Windows Server 2012のHyper-VマネージャーからWindows Server 2008 R2 SP1のHyper-Vへ接続しようとすると以下の画像のようにエラーになります
image

Windows Server 2008 R2 SP1環境からWindows Server 2012のHyper-V環境へ接続すると、問題なく接続できます。しかしWindows Server 2012のHyper-Vで追加された機能等は表示されません。
(NUMAトポロジ、SR-IOV、帯域幅管理など)

両方のOSが混在する環境でHyper-Vマネージャーを利用して管理する場合は
Hyper-V 2.0系の管理ツールを利用することになりそうです。

カテゴリー: Windows Server, Windows Server 2012 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です