Global Service Monitorのインストール

まいど。
image

MSC2012のセッションでも紹介されていたGlobal Service Monitor(GSM)のインストール方法

用意する物
・Microsoft Connectアカウント(Microsoft Account or 旧Windows Live ID)
・System Senter 2012 – Operations Managerの動いている環境

 

●System Center Global Service Monitor beta プログラムへの参加と管理パックダウンロード

  1. Microsoft Connectのサイトで「System Center Global Service Monitor」プログラムに参加する
    「Nomination Survey」のCountryは「Other – no listed」で問題ないです
    送信1日位で"Subscription Id "等が書かれた「Invitation from Global Service Monitor」というタイトル(Customer Preview時の物ですbetaではタイトルが変わっているかもしれません)のメールが届きます
  2. ダウンロードの「SC Global Service Monitoring Beta」で管理パックをDLする

●管理パックのインポート

  1. ダウンロードした「System Center Global Service Monitoring Beta.msi」を実行する
    「I accept」にチェックを入れ「Next」
    image
  2. 「I accept」にチェックを入れ「Next」
    image
  3. インストール先フォルダを指定し「Next」
    このパスに管理パックのファイルが展開されます。
    image
  4. 「Install」
    image
  5. 「Close」
    image
  6. Operations Managerの管理コンソールを開き
    「管理>管理パック」を右クリックし「管理パックのインポート」を選択
    image
  7. 「追加>ディスクから追加する」を選択
    imageimage
  8. GSMをインストールしたフォルダへ移動し、ファイルを全て選択して「開く」
    imageimage
  9. 「インストール」
    imageimage
  10. 全てのインポートが正常に終わったら「閉じる」
    image

 

これで管理コンソールの「管理」ツリーに「Global Service Monitor」が表示されていれば導入は完了です。
Subscriptionの開始は次回にでも…
image

以上ヾ(‘ω’)ノ゛

カテゴリー: Operations Manager, System Center タグ: , , パーマリンク

1 Response to Global Service Monitorのインストール

  1. ピンバック: Unlimited Root » Global Service Monitorの設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください