Windows Server 2012 R2 いれてみた。

まいど。

MSDNにWindows Server 2012 R2が出てたのでインストールして弄ってみました。

 

インストール中の画面は2012の時と同じですので省略

Windows 8/2012系のbetaでおなじみだったインストール中の魚は
微妙にカラフルになってました。
image

そして、事前情報の通り左下にスタート”ボタン”が追加されました。

image

 

 

さてココから俺的気になっていた物。

 

セキュアブート、SCSIブート、PXEブート。

image
imageimage

 

RDMA Live Migration用とかでも使えるSMB帯域制御機能。

image

 

仮想ハードディスク、サービス品質の管理(IOPS制限)、仮想ハードディスクの共有。

image

 

Hyper-Vの世代について

・1世代で作ると今までと同じでIDEになる
・2世代で作ると、SCSIのみでIDEが表示されない

>1世代と2世代

imageimage

Live Migration(SMB Direct Live Migration)、転送データの圧縮。

image

Hyper-VのVM接続がVM bus経由のRDPプロトコルになり
ホストに接続されているUSBメモリ等をゲストで利用可能に。

image

imageimage
image

ホストにUSBメモリを挿すと、まずホストで認識し、少し待つとゲストOSにネットワークドライブとしてマウントされる。
共有フォルダ扱いなので、ゲスト・ホスト共に読み書き可能。

image

 

以上ヽ(・ω・)ノ。

カテゴリー: Windows Server 2012 R2 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください