System Center 2012 R2 – Orchstrator のインストール

まいど
image

メモついでに。

 

用意するもの
・Windows Server 2012 R2の入ったVM
・SQL Server 2012インストールメディア
・Orchestratorインストールメディア

  1. SQL Serverのインストール
    • 必要な役割は「データベースエンジン」のみ、お好みで「管理ツール」
    • 照合順序は毎度おなじみ「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS」
  2. Orchestratorのインストール
    • 「インストール」とポチっとな
      image
    • 名前と組織を入力して「次へ」
      image
    • 「ライセンス条項に同意する」にチェックを入れて「次へ」
      image
    • 「次へ」
      image
    • 必要な役割を選択し「次へ」
      ※ここでManagement Serverにチェックを入れておかないと、以降の「データベースの構成」で「新しいデータベース」がグレーアウトされます。
      image
      image
    • サービスアカウントを入力し「次へ」
      image
    • 今回はローカルにSQL Serverもインストールしているため、サーバー名は「localhost」でも可(自動的にホスト名に変換されます)
      接続テストに問題がなければ「次へ」
      image
    • 新規構築のため「新しいデータベース」にチェックを入れ「次へ」
      image
    • 「Orchestrator ゆーざー グループ」を指定し「次へ」
      ※説明にも記載されていますが、管理権限が付与されるグループなので、別の環境から管理する場合等はADにグループを作成し設定してください。
      image
    • Orchestrator Console等のWebService用Portを指定し「次へ」
      image
    • インストール先フォルダを指定し「次へ」
      image
    • どちらかを選択し「次へ」
      image
    • 各項目を確認しチェックをつけ「次へ」
      image
    • 設定内容を確認し問題がなければ「インストール」
      image
      image
    • インストールが完了したら「閉じる」
      image

 

最近はインストール後自動でスタートメニューに追加されないようなので、必要なプログラムを適時スタートメニューやタスクバーに追加しましょう。

以上ヾ(‘ω’)ノ゛

カテゴリー: Orchestrator, System Center タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください