New-SCDefaultGatewayは VMM TP3で非推奨らしい?

まいど。
ScreenClip

某勉強会のために家の環境をPowerShellでもりもり作っていたら警告メッセージが表示されたので…

PowerShellでIP Poolを作ろうと以下のようなスクリプトを実行したら画像のようなメッセージが表示されました

ScreenClip(画像小さすぎた…)

WARNING: Parameter ‘DefaultGateway’ is obsolete. DefaultGateway is deprecated. Use NetworkRoute.
意訳:「DefaultGateway」は廃止されたんやでー、今後は「NetworkRoute」使うんや。

GUIだとそんな雰囲気全くないんですがね…
ScreenClip

今のところはメッセージが表示されるだけで設定自体はできているのですが、VMM 2016が正式リリースされるまでに廃止される可能性もあるので心の準備をしておきましょう。

追記
「New-SCNetworkRoute」で設定するときに「0.0.0.0/0」の場合UI上はGatewayの方に表示されました。
あと地味に不便なのがDefaultGatewayないと IP Pool作れないくさい

ちなみにメッセージに記載されている「NetworkRoute」を利用してPowerShellで設定する場合はこんな感じらしいです。

(´-`).。oO(「New-SCNetworkRoute」でググると今回の投稿しか出てこないあたり中々アレゲ 

以上ヾ(‘ω’)ノ゛

カテゴリー: System Center, Virtual Machine Manager タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください