MSOMSの管理Agentをコマンドラインでインストールする

自分用メモ。

 

新しい物理サーバーやVMを展開した時に毎回OMSエージェントを手動で入れるのはナンセンスなのでコマンドラインでインストール出来るようにする方法。エージェントのインストーラーはmsiファイルなのでWindows Installer「msiexec.exe」を使ってインストールします。

必要なパラメータは以下のとおり

作成した物がこちら

msiexec.exe /i C:\Temp\MOMAgent.msi /qn /l*v C:\Temp\mmaInstall.log ACTION=INSTALL ADDLOCAL=MOMAgent,ACSAgent,APMAgent AcceptEndUserLicenseAgreement=1 ADD_OPINSIGHTS_WORKSPACE=1 OPINSIGHTS_WORKSPACE_ID=<<ワークスペースID>> OPINSIGHTS_WORKSPACE_KEY=<<ワークスペースKEY>>

これをバッチファイルにして実行することで所謂サイレントインストールをすることができます。

 

以上ヾ(‘ω’)ノ゛

カテゴリー: Microsoft Azure タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください