Azure Stack TP1 PaaS Service の展開 その4 – Web Apps RP

まいど。
ScreenClip[150]

続いて Web Apps Resources Provider の展開

 

以下の手順が終わっている事
Azure Stack TP1 PaaS Service の展開 その1 – 準備
http://www.projectsr.net/wp/?p=4809

Azure Stack TP1 PaaS Service の展開 その2 – SQLRP
http://www.projectsr.net/wp/?p=4888

■展開スクリプトの準備

PowerShell ISE を管理者として起動する

「C:\work\AppService」にあるスクリプト3個を開いておく
ScreenClip[117]

■ 証明書の作成

“Create-AppServiceCerts.ps1″タブを開く
ScreenClip[118]

“pfxPassword”を入力するダイアログが表示されるのでパスワードを入力する
以降の処理で使うパスワードなので忘れずにメモ等をしておく
ScreenClip[119]

スクリプトが正常に終了している事を確認
ScreenClip[120]

■ Web Apps のインストール

「C:\work\AppService\AppService.exe」を管理者として実行する
ScreenClip[122]

“Deploy using Azure Resource Manager”をクリック
ScreenClip[123]

各ライセンス条項に同意し、”Next”をクリック
ScreenClip[124]ScreenClip[125]

内容はそのまま”Next”をクリック
ScreenClip[126]

“Connect”をクリックし、Azure Stack Service管理アカウントでログインする
ScreenClip[127]
ScreenClip[128]

“Azure Stack Subscriptions”で”Default Provider subscription – ~~”を選択
ScreenClip[129]

以下の項目を選択 or  入力し “Next”をクリック
“Azure Stack Locations” Localを選択
“Virtual Machine(s) Admin” OSのアカウント
“Virtual Machine(s) Password” OSのパスワード
“SQL sysadmin password” SQL RPを展開する時に入力したadminPassword

ScreenClip[130]

“証明書の作成”で作成した証明書が「C:\work\AppService」フォルダにあるので選択し、証明書作成時に入力したpfxPasswordを入力する
ScreenClip[132]

展開処理が始まる
ScreenClip[133]

最後の”Deploy App Service” の処理について
ストレージ環境がNVMeやSAS SSD環境の場合は30分程度で終わりますが、SAS HDDの環境の場合は1時間近くかかる場合が多い

ScreenClip[134]

“Deploy App Service” のステータスが”Deployment status Succeeded ~”となっている事を確認
ScreenClip[135]

■ Web Apps インストールの確認

Azure Stack ホストへ移動し Hyper-V Manager を開く
VM のNotes に”CN0-VM” と記載されいてるVMを探す
ScreenClip[137]

“Connect”で接続しOSにログインする
ScreenClip[138]

デスクトップにある”Web Cloud Management console”を開く
ScreenClip[139]

“Web Cloud”の”Managed Servers”を選択しステータスを確認する
画像の用に”Starting”がある場合は全て”Ready”になるまでしばし待つ
ScreenClip[140]

全て”Ready”になっている事を確認
ScreenClip[141]

■ DNSの更新

ClientVMに戻り、証明書作成時に起動したPowerShell ISEを開いて”Create-AppServiceDnsRecords.ps1″タブを開く
ScreenClip[142]

「Run script(F5)」でスクリプトを実行する

AAD テナント名を入力するようメッセージが表示されるのでAzure Stack インストール時に使用したAAD テナント名を入力する
ScreenClip[143]

スクリプトが正常に終了している事を確認
ScreenClip[144]

■ Web Apps Resources Provider の登録

“Register-AppServiceResourceProvider.ps1″タブを開く
ScreenClip[145]

「Run script(F5)」でスクリプトを実行する
AAD テナント名を入力するようメッセージが表示されるのでAzure Stack インストール時に使用したAAD テナント名を入力する
ScreenClip[146]

資格情報の入力ダイアログが表示されるので以下の情報を入力する
“User name” Web Apps インストール時のVirtual Machine(s) Admin
“Password” Web Apps インストール時のVirtual Machine(s) Password
ScreenClip[147]

スクリプトが正常に終了している事を確認
ScreenClip[148]

ポータルの新規作成に” Web + Mobile”が追加される
ScreenClip[149]

 

 

以上

 

Add a Web Apps resource provider to Azure Stack
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/azure-stack-webapps-deploy/


 

カテゴリー: Azure Stack タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください