Azure Stack Technical Preview 3 が公開されたらしいです

まいど。
MAS01

一部のアレな方々待望のAzure Stack Technical Preview 3 (以下TP1、TP2、TP3)が公開されました、まだそんなに弄れてないのでちょいと調べて分かってる範囲で…

ver 1.0.170225.2 だそうです
MAS04

Azure Stack TP3 Delivers Hybrid Application Innovation and Introduces Pay-as-you-Use Pricing Model
https://azure.microsoft.com/en-us/blog/hybrid-application-innovation-with-azure-and-azure-stack/

あわせてロードマップ的なものなど色々公開されてますんでを読んでみるとよいかと。

■意訳
・ 継続的な イノベーション モデルの一環として、TP3 公開後に Azure Functions、VM Extension、マルチテナント、Blockchain、Cloud Foundry、 Mesos テンプレート 等が追加予定 Mid-CY17 の GA まで TP3 をリフレッシュしていく
・ Mid-CY17には Proof of Concept (POC) 展開が Microsoft Azure Stack Development Kit に名称変更になり、ハイブリッド アプリケーションの試作や検証を行うことができる
・ TP3 は GA前最期の計画的 Technical Preview となり、Mid-CY17 に GA
・ Azure Stack Development Kit の GA と同時に Azure Stack ソフトウェアをハードウェア パートナー各社(DELL EMC、HPE、Lenovo)へリリースし、マルチノート Azure Stack 統合システムの提供にするための共同エンジニアリングの last mile を終えるようにする。(Ciscoは今年後半)
・ GA 後の最初のアップデートは、(1)アプリケーション近代化シナリオの強化と(2)システム管理と拡張の2つに焦点をあてている
・Azure 同様に Azure Stack のライセンス利用料はなく、サービスを利用しただ分だけ料金を支払うモデル、請求は Azure のサブスクリプションを使用し Azure と同じ方法で請求される
・顧客がメータリング情報を Azure へ送信出来ないシナリオのためにシステムのコア数に基づく固定価格の容量モデル(fixed-price “capacity model”)も提供

などなど。。。

ダウンロードは以下のURLからどうぞ。

What’s new in Azure Stack
https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/azure-stack-whats-new/

Azure Stack Technical Preview 2 Download
https://azure.microsoft.com/en-us/overview/azure-stack/try/

ダウンロードツールも今後のアップデートに対応した新しい物になりました。ScreenClip

■ 展開に必要なスペック

Azure Stack deployment prerequisites
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/azure-stack/azure-stack-deploy

ScreenClip

TP2の時と同様に基本的にはTP1と変わっていませんCPU 物理12以上メモリ96GB以上。
ただしApp Serviceまで展開する場合は100GB以上、128+GB 推奨。

■ 概要的な何か

・disconnected scenarios(Azure ADを使わないシナリオ) 用に ADFS を使用して展開
・Scale Setを利用したスケールアウトワークロード
・Marketplace Syndicate を使用し Azure Marketplace コンテンツを利用可能に
・VMサイズに D-Series 追加
MAS03

・VMにTemp Disk(D:\)追加
ScreenClip
・Windows Server 2012 R2 のVMイメージが含まれなくなった
・TP2のとき同様に PaaS Services はComing soon
・Management Portal と Tenant Portal が分離されセキュリティが強化

■展開方法

vhdbootまではTP2と同じ
Azure Stack 展開のスクリプトやパスが変更担っている
“C:\CloudDeployment\Setup\InstallAzureStackPOC.ps1″を実行する
ScreenClip
こんな感じ。

 

 

 

 

トイウコトで某アレもTP3版となりました(やっつけ
ScreenClip

 

とりあえずここまで、続きは明日にでも…(ねむい

まだまだ終わりそうにないのでdraftで公開しました…
Azure Stack Overview 0.6 (draft)

 

以上ヾ(‘ω’)ノ゛

 

 

 

 

 

 

---------- キリトリ -----------

ビジネスモデルについては Ignite Australia のセッションで少しふれられてましたね。

16707374_1260354217378220_1964613630751026354_o

カテゴリー: Azure Stack タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください