なんとなくAWS Outposts(と Azure Stack)について

まいど。
ScreenClip

AWS re:Invent 2018 Keynote で AWS環境をオンプレ環境に丸ごと提供する「Amazon Outposts」が発表されました。

「 Azure Stack のAWS版?」「AWSがAzure Stackみたいなの出してきた」みたいな疑問を持ってる人が多いっぽいのですが、そもそもAzure Stack についてちゃんと理解している人がそこまで多くないためか、どう違うのかという所について言及している記事が無い気がするので自分用メモも兼ねて。
※Azure Stack 周りについてはここ見に来るような人はある程度知ってると思うので細かい説明は省きます、それだけで本一冊軽くかける位の量になるので。

ココらへんのMAS詳しい勢の投稿見るといいかも!
Microsoft Azure Stack Advent Calendar 2018
https://qiita.com/advent-calendar/2018/azure-stack

ネットの海を調べた私の認識なのでもしかしたら違う所もあるかもしれず、できれば私もAWS の中の人に詳しく聞きたい。

■ AWS Outposts とは

ネイティブのAWSサービス、インフラストラクチャ、および運用モデルをほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、またはオンプレミス施設に提供するサービス。


■ 提供形態


・AWS native variant
 AWSと同じネイティブ APIが使える環境
 Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)とAmazon Elastic Block Store(Amazon EBS)を実行することができる
 操作はAWS コンソールに統合

・VMware variant
 VMware Cloud on AWS locally on Outposts
 オンプレに設置したAWS OutPosts上で VMware Cloudを動かす
 VMwareのソフトウェア定義データセンター(SDDC)(計算、ストレージ、およびネットワークインフラストラクチャ)全体を提供
 操作は VMware Cloudに統合

■ 詳細

購入方法は個別のユーザーが AWS コンソールから必要な構成を選択し注文する
EC2インスタンス( C5,M5,R5)ストレージオプション(EBS、ローカルインスタンスストレージ、ローカルディスクオプション)から構成を作成して注文するとそれに応じたHWが届く
数ヶ月の間に、RDS、ECS、EKS、SageMaker、EMRのようなサービスを追加する予定
規模が拡大するにつれて 1/4、1/2、フルサイズラックと拡張できる(最大は不明)
オンプレNWとの統合、いわゆるデータセンター統合は VMware NSXを使ってOutpostsリソースにオンプレNWから接続できる
届いたAWS Outposts は電源とNWを接続するだけ(DC側NW要件はまだ情報が出ていない)
AWSは、管理ソフトウェアを自動的に操作、更新、維持する
定期的に新しいソフトウェアをDLしたり新しい機能にアップグレードしたり、セキュリティパッチの適用などをユーザーが行う必要はない
ハードウェアアップグレードはAWSがやるかユーザー側の担当が簡単なアップグレード手順によって行うか選択できる
監視は AWS コンソールを使用して確認できる


仕組み上事前に機能検証できる Azure Stack Dev Kitのような物は無いっぽい(今後も出ない可能性が高い)


■ それをふまえて。で Azure Stack と同じなの?違うの?

ここからは私の理解している Azure Stack とAWS Outposts(主にAWS native variant) 感です。
大きく違うと思っている所が、購入・課金と管理系の部分。

●まずは購入・課金形態
・Azure Stack はユーザーもしくはサービスプロバイダーMS認定 HW パートナーから購入、利用料はAzure と同じ仕組みで支払う。
・AWS Outposts はユーザーが各自のAWS Management Console から直接購入(?)、支払いはもちろん AWSと同じ仕組み。

この仕組の違いからAzure Stack はサービスプロバイダやSIerのような所が購入してエンドユーザーへ環境を切り出して提供する事ができるが、AWS Outposts はそもそも個別のユーザーが購入する形のようでマルチテナントのような仕組みはできない可能性が高い。

●次に管理
・Azure Stack は Azure Stack Operator という管理者が必要で、Azure Stack インフラストラクチャ ソフトウェアのアップデートやテナントユーザー・ユーザーの利用するプランの管理や、一部PaaSのインフラストラクチャの構成(DBaaSやAppService)をMS以外が行う必要がある。操作は Azure Portal と同じデザインの Azure Stack 上に実装された Azure Stack Portalから行う。
・AWS Outposts はAWSが管理ソフトウェアを自動的に操作、更新、維持する。定期的に新しいソフトウェアをDLし新しい機能にアップグレードしたりセキュリティパッチ適用なども自動的に行われる。
操作や監視はAWS Management Console もしくは VMware Cloud から行う。

いずれもHWをDC等に持ってきてNWと電源を接続するだけというところは同じようですがAWS Outposts のDC 統合部分についてはVMware NSXを利用する以外の細かい情報が見つからなかったので詳細はわからず。
AWS Outposts は個別に管理ポータルを持っていないようなので[AWS~DirectConnect~Outposts]というような閉域回線で接続する必要があるのでは?と予想したりしています。
また、Azure Stack disconnected モデルのようなインターネット接続がない場所で利用するような用途には使えないと思われます。
AWS側のVPCとAWS Outposts でVPCがそのまま繋がるみたいな発言みたんですがソースが見つからず。。。


Azure Stack のグローバル事例でも Azure をメインにして Azure Stack をEdgeとして利用というのはわりと出てくるので、そういう利用用途についてはここまで割り切った仕組みというのはありだと思います。Azure Stack 導入で一番のネックは価格よりAzure Stack Operator の必要スキルだと思っているのでそこが不要な分エンドユーザーからすると AWS Outposts の方が導入障壁は低いと思う。

SNS等では Azure Stack と AWS Outposts を比較するような雰囲気も少しありますが、そもそもどちらのハイパースケールをメインにするのかという大きな選択をした上で、必要かどうかの議論になると思っていますので、このような仕組を利用する前提でAzure Stack か AWS OutPosts のどちらかという判断はあまり無いのではと思っています。
マルチクラウド勢でお金が有り余ってるなら両方買えばええんちゃいますかね(

技術的には AWS Outposts+Azure や Azure Stack+ AWS という組み合わせも可能だと思いますが、いずれにせよ両方への課金が発生するのと無駄に管理が煩雑になるだけでニーズは非常に少ないと思います。
もちろん Azure Stack(+Azure課金オンリー)+AWS Outposts(+AWS課金オンリー)ということも可能だと思いますがそこまで変態構成にする意味がわからない(

AWS Outpost は Azure Stack と違いAWSそのものというイメージなのであれをオンプレ側の物と呼んでいいのかは疑問、むしろAWSをそのまま持ってきたと感じているのであれはクラウドだと思っています。

アプローチが真逆と認識しており、HWベンダーからエンドユーザーもしくはサービスプロバイダーが購入するAzure Stack とAWS Management Console からエンドユーザーが直接購入するAWS Outposts で、Azure Stack はあくまである程度の管理をユーザーが行う必要があるオンプレシステム(ご先祖はAzure Packだと思っている)の延長線上の物で、AWS Outposts はAWSが手元に降りてきた物だと思っています。

これは完全に私の想像ですが、Azure Stack をAzure DC 以外に置いてもそれはAzure Stack であり Azure ではありませんが、AWS Outposts をAWS DC 以外に置いてもAWS がスケールしているような感じなのでユーザーが購入しなくてもAWS が独自にAWS DC以外の場所にちょこっと置いていったりして地方の小さいDCにAWS の出島のような物を作って行くいう用途ももしかして考えているのではと思ったりしています。

上記諸々をふまえて、どっちでも自分にあった方使えばええんちゃうかなと思います、何れにせよDCに置くことになると思うので某DC中の人としては、こっちがいいよ!ってのはあまり無いかな(

以上ヽ(・ω・)ノ


AWS界隈はあまり仲のいい人が居ないので ココらへん詳しい人居たら是非お友達になりたいです(

カテゴリー: AWS, Azure, Azure Stack タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください