bginfoを使ってリモートサーバーを見分けやすく

まいど。

 

複数台のWindows Serverを管理する際、大体リモートで管理する事になると思いますが複数のサーバーで作業をしていると今どのサーバーにログインしているのか、わからなくなったりしませんか?

そういう場合に背景色を変えたり、壁紙に文字を入れたりしているのを見ますが、台数分の壁紙を作ったり設定が面倒、我が家の場合はbginfoというツールを使って各サーバーの壁紙を強制的に書き換えています。

bginfoは指定した壁紙上にシステム情報を上書きして壁紙として設定してくれるツールで、とりあえずどんなものかは生成した画面を見てもらえばわかり安いと思います。(一部マスクと書き換えてます)
・左下:システム情報
・右上:文字列
・中央:ホスト名+IP
image

こういう壁紙を作った訳ではなく、OS上では黒の背景に設定しているだけ。
文字情報はbginfoによって生成されています。
例えば左下の情報を表示する為のbginfo設定画面、これで右の画像のような背景になります。
imageimage

これだけでは真ん中のホスト名と右上が足りません、次は真ん中のホスト名を追加してみましょう、設定はこんな感じ。でも、これで「OK」をクリックすると、さっき設定した左下の情報が消えてホスト名だけになってしまいます。
image
image

bginfoが文字の入った壁紙を作っている仕組みは、簡単にいうとOSで指定されている壁紙に文字情報を追加した壁紙を別途作成し、背景設定を書き換えているだけです。
image
最初の画像の画面にするには以下の手順で作っていけば作れます。
1.背景+中央に情報を入れた画像を生成
2.①で作った画像の右上に文字を入れた画像を生成
3.②で作った画像の左下に各種情報を入れた画像を生成し背景に設定。

では設定をしてみましょう。

  1. 中央にホスト名+IPの入った画像の生成

    まず一つ目の設定画面。
    image
    ・生成した画像を保存する場所設定(Bitmap→Location…)
    どこでもいいのですが、今回ログインユーザ名を出しているので、ログインするユーザ別に生成されるようにする為、各ユーザのtempフォルダに生成しています。
    そして一枚目なので「bginfo_01.bmp」と番号を入れてみました。
    image
    ・元背景の設定(Background…)
    背景画像は指定せず黒色だけにしています、画像を使いたい場合は画像を指定する。
    image
    ・文字列の表示される場所(Position…)
    中央を選択。
    image
    ・壁紙の変更設定(Deesktop…)
    コンソールでもターミナルサービスでも背景を更新するように設定。
    image
    後は、設定ファイルを「xx_01」のような適当な名前で保存。
  2. 右上に文字を入れた画像の生成
    ・単純に文字を入れているだけ。
    image
    ・元画像にNo1で生成した画像を指定。
    image
    ・右上に表示
    image
    ・1枚目と同じ場所に「_02」で保存。
    image
    設定ファイルを「xx_02」のような感じで保存
  3. 真ん中のホスト名

    No1.2を見ればわかると思うので説明は割愛。
    image
    image
    image
    image

後は、1.2.3を順番に実行すれば生成されます。
しかし、今回はログインしているユーザ名や、ログインした時間を表示しているため、各ユーザログインする度に生成する必要が有ります。毎回クリック実行ではツール化する意味が無いですからね。

という事でバッチファイルにしてスタートアップにでも放り込んでしまいましょう。

※実行ファイル名 設定ファイル名 /timer:0 /NOLICPROMPT
1.2.3で作った設定ファイルを順番に実行するよう、以下のようにします。

Bginfo.exe 01_Setting.bgi /timer:0 /NOLICPROMPT
Bginfo.exe 02_Setting.bgi /timer:0 /NOLICPROMPT
Bginfo.exe 03_Setting.bgi /timer:0 /NOLICPROMPT

 

image
image
image

---------- キリトリ -----------

とりあえず以上の設定でログインすると自動的に壁紙が設定されるようになったわけですが、我が家ではテスト用サーバーの増減が激しかったり、毎回設定するのが面倒なので、ADのグループポリシーを使っています。

  1. 共有フォルダを作成して、bginfo本体と設定ファイルを共有する。
  2. グループポリシーのログオンスクリプトで、共有フォルダのbginfoと設定ファイルをローカルへコピー。
  3. グループポリシーのログオンスクリプトで、コピーしたbginfoフォルダにあるバッチファイルを実行。

新規OSを構築し、ドメインに参加後ドメインユーザにてログインをすると、ログオンスクリプトで、bginfoと設定ファイルの入ったフォルダを共有フォルダからローカルドライブへ強制コピーし、壁紙生成バッチファイル実行されます。

これで、OSを構築する度にファイルをコピーしなくてもよいですし、共有フォルダにある設定ファイルを更新すれば、各OSでログインするさいに最新版の設定ファイルがコピーされる為、自動的に新しい設定で背景が生成されます。

 

---------- キリトリ -----------

BgInfo<Windows Sysinternals>
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897557

カテゴリー: Windows, Windows Server タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です